HOME > 設備案内 > 可変印字 > 印字の品質管理

印字の品質管理

博伸社では、印字の高品質を維持するための品質管理を徹底しています。

大型インクジェットプリンタのカメラ検査装置

印字のインラインに導入している高精度カメラと検査システムでは、サンプリング撮影された印刷物と比較する検査を全印字シートに対して隅々まで行っています。全印字シートには、固有の番号を裁ち落とし箇所に印字することにより、エラーが発生したシートを明確化します。検査によりエラーが発生した場合は、給紙が瞬時に停止し印字を停止することにより品質を管理しています。エラーと判断された画像、および検査ログは、一定期間の保持しています。

位置ズレ検出

検査システムでは、サンプリング撮影した印刷物のマーカー、および紙端までの距離を計測し、実際の印刷物との比較を行っています。これにより、マーカーの長さや間隔が変わった場合に、エラーとして処理します。また、マーカと紙端までの距離が変わった場合にもエラーとして処理し、紙の位置ズレ、印字箇所の位置ズレを検出することを可能にしています。

汚れ検出

検査システムでは、サンプリング撮影した仕上がり寸法を「検出対象範囲」として指定し、印字する箇所を「検出対象範囲除外」として指定します。これにより、「検出対象範囲」内にサンプリング撮影した印刷物にはないものが検知されるとエラーとして処理し、汚れなどを検出することを可能にしています。

カスレ検出

検査システムでは、印字とともにマーカーを印字し、本来一定量の色があるマーカーに色が見つからない場合にエラーとして処理しています。これにより、カスレなどの検出を可能にしています。

連番チェック

シート番号や面付数により連番を把握し、適正な連番が印字されているかを確認しています。

実際のカメラ検査装置での画像。画像上は全体像、画像下はエラー箇所を拡大した画像。全体像右下の赤い小さい点がエラー箇所。
面付状態の場合での印字のチェックポイントイメージ

ヒューマンエラーを防ぐためのチェックリスト

博伸社では、印字を含みすべての製造作業の中でチェックリストにより、人による確認も実施しています。印字では、データの受け取りから印字完了までの各工程で確認すべき点をチェックリストを用い、作業者とその作業に携わらない社員よる複数名で、品質チェックを実施しています。

問い合わせ先
株式会社 博伸社
〒135-0052 東京都江東区潮見1-22-7
TEL:03-3699-5531
FAX:03-3699-5534

博伸社

〒135-0052
東京都江東区潮見1-22-7
TEL 03-3699-5531
FAX 03-3699-5534
営業時間: 平日 8:30 - 17:30